日焼け

日焼けも医療脱毛では気をつけないといけない要素の一つです。外出する機会が多い場合、日焼けを完全に避けるのはどうしても難しいかもしれないですが、だからと言って何もケアをしなくても良いという結論には至りません。細かい点でも考慮するからこそ、自身にとって望ましい結果になるということを、予め肝に銘じておきましょう。

そもそもの話、なぜ日焼けは医療脱毛では宜しくないのでしょうか。それは、皮膚に存在するメラニン色素の影響が大きいと考えられているからです。日焼けをするということは、紫外線の影響を大きく受けることになるし、そうである以上はメラニン色素も増加します。また、レーザー脱毛の施術を行えば、熱が本来持つエネルギーの力が働いて、メラニン色素の力も強くなります。このような結果を引き起こすのであれば、かえって本末転倒です。

もし日焼けの状態が気になっているのであれば、しばらくは医療脱毛を控えることをおすすめします。無理して行うものではないですし、気持ち的に焦ったところで望ましい結果を出すことはありません。日焼けの状態が落ち着くまでには、最低でも一か月は必要になります。それから脱毛をしても全く遅くはないのです。