刺青

医療脱毛をするにあたって、絶対に避けておきたいのが刺青です。ファッションとしてタトゥーを楽しみたい方にとっては、脱毛のためにそれができないことに対して落胆するかもしれません。実際問題、刺青を行ったあとに医療脱毛の施術を受けたことが要因で、思わぬトラブルを引き起こしたという話も良くあります。間違ってもそのような結果だけは招くことがないようにしましょう。

では、もし医療脱毛をするなら、刺青は全面禁止と考えないといけないのでしょうか。これについては、施術の順番を考慮することで上手く対処できるのです。もし刺青を先に行うと、脱毛の際の負担が非常に大きくなります。これでは火傷や大きな痛みが起こる可能性もあり、おすすめできません。それよりも、脱毛を先に行う方が良いです。というのも、脱毛では皮膚に対して力がかかるので、それを可能な限り少なくするのが先決なのです。もちろんですが、脱毛を行った次の日にそのまま刺青という流れは避けるようにしましょう。これでは施術における刺激がどうしても大きくなるからです。

刺青を希望することが前提ならば、まずはタイミングを考慮してみましょう。これだけのことでも、結果は大きく異なってくるのです。